• TOP
  • NEWS
  • ABOUT
  • PRODUCT
  • RECIPES
  • CONTACT
2014年03月31日(月)

キレイを作るビューティーオイル講座 第六回

  

ビューティーオイルとは健康と美容に積極的に採りたい油のこと。

せっかくなら良質で健康のための栄養がいっぱい詰まった油をおいしく採りたいものですね!!

そこで意外と知らない油のお話を通じて、体の中からキレイになる秘訣をお伝えします☆


第六回 ビューティーオイルでフェロモンアップ

~ 質の高い油が女性の美を支える! ~


油には体内の生理活性物質として働く微量成分によって、

良し悪しが分かれます。

油は「カロリーの高い食べ物」というイメージが第一かと思いますが、

同じカロリーでも脂肪になりやすく、血液を汚すもの、

蓄積されにくく、悪玉コレステロール排出など有効な働きがあるものなど、

まったく性質が変わってきます。


油のことを知れば知るほど美容と健康に不可欠な食品であることがわかります。

良質な油に多く含まれるビタミンEは「若返りのビタミン、女性のビタミン」と言われています。


冷え症、PMS
、更年期障害など、不定愁訴、女性ホルモンの減少やバランスの崩れ、

不妊など、女性が抱える様々な問題に役立つビタミンなのです。


また、アボカドオイルなどにはβシトステロールという植物ステロールが含まれています。

性ホルモン(女性も男性も)の前駆物質であうDHEAの生成促進に関係するといわれ、

最近にわかに着目されるようになりました。

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は、加齢に伴う肌の衰えや、

気力の低下、体調不良を改善する作用もあり、アンチエイジングホルモンとも言われています。


40代を境にして、肌の衰えが急に進み、

性ホルモンのバランスの崩れから肥満やうつ症状に悩まされる女性はとても多いのですが、

これは老化による女性ホルモンの減少が大きくかかわっています。


アボカドオイルは以上の微量栄養素をバランスよく含むヘルシーオイルとして、

細胞の老化を防ぎ、女性ホルモンに関与する、ビューティーフードです。


自分の本来もつ、フェロモン力は、

内側から作り出される健康によって、支えられるのですね。

2014/03/31 16:07 | ビューティーオイルコラム

2013年12月25日(水)

キレイを作るビューティーオイル講座 第五回

ビューティオイルとは健康と美容に積極的に摂りたい油のこと。

せっかくなら良質で美容のための栄養がいっぱい詰った油をおいしく摂りたい物ですね!!

そこで、意外と知らない油のお話を通じて、体の中からキレイになる秘訣をお伝えします☆
 
第5回 女性ホルモンのバランスを整える油 オメガ3のお話

    〜更年期、PMSなど不定愁訴を軽減させる油とは
 
最近女性誌の特集では、頻繁に女性ホルモンをアップさせる方法が紹介されています。

女性ホルモンって、どんな働きがあるの??

と素朴な疑問にまずお答えします。
 
女性ホルモンはエストロゲンプロゲステロン2種類が互いに働きかけ合ってバランスを保ちながら、


生理周期や妊娠の準備などをしています。

中でもエストロゲンは美肌効果や女性らしいしなやかさを作るホルモン。

25歳をピークにだんだん分泌量が下り坂になるそうです。
 

できるだけホルモン値をキープするためには、食事、運動、睡眠、ストレスをケアする事が大切。

食事においては良質な油が必要不可欠!!キレイを作るには油抜きダイエットは逆効果。

そこで良質な油について・・・
 
今までの油のお話で、必須脂肪酸のリノール酸αリノレン酸のお話はしましたが、

リノール酸の摂り過ぎを防ぐために、オレイン酸を多く含む油を選ぶと良いというお話をしました。

アボカドオイルはその点オレイン酸が主な成分。

しかもαリノレン酸も含んでいます。

αリノレン酸はDHAEPAの材料になり、これらをまとめてオメガ3といいます。

脳のアンチエイジングや血液をキレイにする事はよく知られていますが、

女性ホルモンのバランスを整える働きもあるそうです。

そのため、ホルモンバランスの崩れが原因の、不定愁訴や更年期障害の軽減にも役立つそうです。
 
その他ビタミンEB6も女性ホルモンの分泌や合成に関係しています。

これらの栄養が丸ごと含まれるのがアボカドオイル!!

まさに女子力アップの美オイルなのです。
 
ちなみにオメガ3はくるみや魚の油、アマニ油、エゴマ油(シソ)に多く含まれています。

酸化しやすいので加熱は控えて下さい。

そのまま摂るかアボカドオイルとブレンドすればさらにおいしさも栄養バランスもアップします。

2013/12/25 12:01 | ビューティーオイルコラム

2013年11月30日(土)

「キレイを作る」ビューティーオイル講座 第四回


ビューティオイルとは健康と美容に積極的に摂りたい油のこと。

せっかくなら良質で美容のための栄養がいっぱい詰った油をおいしく摂りたい物ですね!!

そこで、意外と知らない油のお話を通じて、体の中からキレイになる秘訣をお伝えします☆


 

4回  いい油の選び方

〜製法や保存法、賞味期限。用途に合わせて油を使い分ける~

 

皆さんに油のお話をしていると、よくこのような質問が寄せられます。

「値段が高い油は、いい油なのですか?」

「高級な油なので、揚物を一度限りで捨てるのはもったいなくて、

油こし器でキレイにして使っていますが、大丈夫ですか?」などなど。

答えは・・・? どれも×です。

 


油の善し悪しは一概に値段と比例しているとは言えません。

最も重要なのは製造のプロセスです。


原料の質はもちろんですが、製法によって油の価値は大きく変わってきます。

 

まず大きく分けて低温圧搾法、高温圧搾法、溶媒抽出法があります。

低価格で大量に製造されている油は溶媒抽出法による油です。

ヘキサンなどの化学溶媒で原料に含まれる油を溶かし、溶媒を蒸発させる事で食用になります。

その後脱臭、漂白をし製品化されます。

製造過程で何度も高温に加熱しているので、

油に含まれるビタミンや栄養成分は破壊され、酸化も進みます。

この方法だと99%の油分を効率よく抽出でき、価格も抑える事ができます。


低温圧搾法は、原料を圧搾機にかけて搾る方法です。

摩擦熱が生じない様に低温でゆっくり搾ります。

そのため油本来の香りや美味しさ、栄養成分が生きた採油方法です。

ただし原料に含まれる油の20〜30%しか採れないそうです。

高温圧搾法はもう少し効率を上げるために170度程の高温にして圧搾します。

この方法では60〜70%の油が採油できるそうです。

 

つまり製造過程で熱を加えたり、溶媒を使えば多くの油が採れる訳で、

その一方油の栄養成分は壊れ、美味しさや香りも失われ、酸化も進みます。


少量生産しかできない油には、栄養成分が豊富に含まれ、酸化も最小限に抑えられているということ。

その辺りが価格に反映されているとも言えますね。

ちなみにグローブアボカドオイルは低温圧搾法である

「コールドプレス」によって搾られた良質なオイルです。

 



次に保存法です。

せっかく良い油でも、光に当たっていては酸化が進んでしまいます。

遮光性のあるボトルに詰められているオイルは良質な状態をキープされている油の証です。

開封後はできるだけ早く使い切りましょう。

1ケ月以内で使い切れる程度のサイズを選ぶといいでしょう。


そして加熱に強い油と弱い油を使い分けましょう。

アボカドオイルを始めとするオレイン酸が豊富な油は加熱にオススメです。

その他は加熱により酸化しやすいので使用を控え、

ドレッシングや和え物、または調理の最後の香り付けなどに使ってみて下さい。

 

最初の質問にあった、高級な油だから使い回すというお話。

これは加熱を繰り返す事でどんどん劣化していますので、

できるだけ新鮮な状態の油を使って頂きたいと思います。

揚物も少量の油で工夫すれば使用量が抑えられます。

 

最近は特長のある油が色々出回っています。


その個性を楽しみながら調理に合わせて油をチョイスする!!

アボカドオイルは加熱にも非加熱にも万能な、優しい味わい&栄養たっぷりな体に優しい油です。

是非お試し下さいね!

 

 

 

 

2013/11/30 11:17 | ビューティーオイルコラム

2013年10月30日(水)

「キレイを作る」ビューティーオイル講座 第三回

ビューティオイルとは健康と美容に積極的に摂りたい油のこと。

せっかくなら良質で美容のための栄養がいっぱい詰った油をおいしく摂りたい物ですね!!

そこで、意外と知らない油のお話を通じて、体の中からキレイになる秘訣をお伝えします☆

 

 

第3回  油を変えれば体も変わる!油の上手な摂り方

   

今回は、普段料理やサラダなどに常用してほしいアボカドオイルの魅力的なお話を交えながら、

よりキレイになるための食べ合わせや摂取量の目安などをお話したいと思います。

油にはエネルギーとして使われる脂肪酸の他に、不けん化物という混ざり物が含まれています。

ナチュラルな製法で作られたオイルには、原料由来の混ざり物がたっぷり含まれ、

この混ざり物こそ、良質な油に多く含まれる栄養素やキレイを作る成分なのです。

例えば、植物ステロール、カロテノイド、ビタミン類、ポリフェノールなどで、

油の種類によって含まれる物は変わってきます。


アボカドオイルには不けん化物が多く含まれ、独特の深いグリーンを作り出すルテイン、


ベータカロテンクロロフィルと言った色素成分やビタミンEなどの生理活性物質が多く、

アンチエイジングや美容と健康に役立つキレイの元がたっぷり。


しかも植物ステロールの一種であるβシトステロールの含有量は油の中でトップクラス

βシトステロールは、動脈硬化の予防に役立ち、

食べ物の中に含まれるコレステロールの吸収を阻害する役割があります。

アボカドオイルで調理した肉料理はとってもヘルシーに頂けるようになるなんて、とっても魅力的ですよね!!


続いて一日のオススメ摂取量についてお話します。

女性の場合だと1日あたり40〜50gが油の摂取量になります。

ただし食品にも脂質は含まれているので油として摂取するなら

大さじ2杯程度の良質なオイルを選んで摂る事が理想的です。

脂溶性のビタミンA(βカロテン)やDの吸収を助けるので、

それらが多く含まれる
緑黄色野菜、鮭、キノコ類、さらにビタミンCを多く含むパプリカやジャガ芋

れんこん、果物などをプラスすれば、ビューティレシピの完成です。


使い方は普通の油と全く一緒。キレイの習慣をアボカドオイルからスタートしてみませんか。

2013/10/30 09:53 | ビューティーオイルコラム

2013年09月19日(木)

「キレイを作る」ビューティオイル講座 第二回

ビューティオイルとは健康と美容に積極的に摂りたい油のこと。

せっかくなら良質で美容のための栄養がいっぱい詰った油をおいしく摂りたい物ですね!!

そこで、意外と知らない油のお話を通じて、体の中からキレイになる秘訣をお伝えします☆
 
~ 第2回  キレイになる油と悪い油 ~

普段皆さんはどのように油を選んでいますか?

油はおいしさを作る重要な調味料であり、健康に大きな影響を与える食品です。

そこで今回は、油の種類やその性質についてお話したいと思います。
 
まず油には大きく分けて植物性と動物性があります。

動物性はバターやラードなど常温で固形であるように、

融点が高くコレステロールも多いので摂り過ぎには注意です。

一方の植物性は液状で、脂肪酸の組成によりn-3系(αリノレン酸)、

n-6系(リノール酸)、n-9系(オレイン酸)と分ける事ができます。

n-6系のリノール酸は、必須脂肪酸の1つで必要不可欠ですが、

植物油全般に多く含まれるので、不足する心配はありません。

むしろ摂り過ぎによるアレルギーや炎症などの弊害が懸念されています。

悪玉コレステロールを減らしますが、善玉コレステロールまでも減少させてしまうので、

長い目で見ると控えた方がいい油です。



n-3系のαリノレン酸も必須脂肪酸ですが、限られた油や食品にしか含まれず、不足しがちな脂肪酸。

血液の状態を改善する善玉コレステロールを増やし、中性脂肪を減らします。

魚の油に多く含まれるEPA、DHAも同じ系統の油で、脳神経の働きに関与し血液浄化に役立ちます。

リノール酸:αリノレン酸=4:1が理想的な摂り方ですが、

現代人の食事では10:1程度と低く、積極的に摂りたい脂肪酸です。

食品から摂る場合は、青魚や鮭、マグロ、くるみに多く含まれていますが、

中々日々の食事で補うのは難しいので、アマニ油、シソ油などαリノレン酸が多い油を

摂るよう心がけるといいでしょう。

これらの油は酸化しやすいので加熱はせず、ドレッシングやジュースに加えるなど

新鮮な状態で摂るのがポイントです。
 
 
オレイン酸は、アボカドオイル、オリーブオイル、キャノーラ油に多く含まれています。

悪玉コレステロールのみ減少させ、善玉コレステロールは減少させないのが特長です。

さらに他の脂肪酸と比べて酸化しにくく加熱に強いので、過酸化脂質ができにくいのも特長です。
 
過酸化脂質は体内で大量の活性酸素を排出し、細胞を傷つけ、ガン化させる有害物質なので、

くれぐれも油は鮮度が低くなる前に使い切れる量を購入しましょう。
 
以上、油に含まれる脂肪酸の種類で、体への影響や健康効果も様々です。

外食や加工品に使う油には酸化した油やリノール酸が多く含まれているので、

家庭で使う油にはオレイン酸の多いものを選ぶといでしょう。

さらに、αリノレン酸、オレイン酸には酸化した油(悪玉コレステロール)を

体外に排出する働きもあるのでオススメです。

アボカドオイルを始めとする、油の中に抗酸化作用のビタミンEやポリフェノールを含む良質な油は、

最も油の弊害から身を守るのに役立ちます。

体の中をキレイにする油を選んで、健康と美容に役立てましょう

2013/09/19 16:36 | ビューティーオイルコラム

[1]   2   3   4   5   >>